So-net無料ブログ作成
検索選択

ビリギャルにパクリ疑惑が浮上、真相はどうなのか? [本]

fb.png
http://birigal.jp/より引用

◆「ビリギャル」の映画は社会現象


今、「ビリギャル」の映画が話題ですよね。

ビリギャルというのは、愛知県内の私立女子高生さやかが、
1年半で偏差値を40上げて、慶応大学総合政策学部に合格した実話です。

それを、塾経営者の坪田信貴さんが一冊の本にまとめたものです。

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話
という長いタイトルの本です。

モデルの石川恋(21)の強烈に印象的な表紙や、感動ストーリーなどで
たちまち発行部数100万部を超えました。

有村架純(22)主演の映画も大ヒット中して、観客動員数200万人を突破。

もはや社会現象とも言えます。

birigalbon.jpeg
http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/414595/より引用

◆「ビリギャル」本にパクリ疑惑?


最近、「ビリギャル」本にパクリ疑惑が浮上しています。

「東スポweb」によれば、実はビリギャル本が発売される2年前に、
見た目そっくりの受験用書籍発売されていたそうです。

上に載せた写真を見ると分かります。

右は「学年ビリから東大・医学部・早慶に合格する法」の表紙、
左は「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」の
文庫本の表紙です。

イラストと写真の違いはありますが、頬杖をついたポーズなども、
確かに似ていると言わざるを得ません。

「学年ビリから東大・・・」の著者の新宮竹虎氏は、
高校をビリ近くの成績で中退した後、大検(大学入試検定)を経て、
信州大学医学部に合格しました。

さらに半年間で東京大学文科二類(経済学部)に合格したそうです。

すごいですね。

監修の横幕弘亘氏も、公立高校で学年ビリになりながら、
現役で早慶に合格したといいます。

現在は、お二方とも塾を運営されているそうですが
ご自身の実体験をもとに書かれた「ビリから本」は、
2011年5月15日に発行されました。

ビリギャル本は2013年12月27日発行ですから、
2年以上前に発行されています。

ビリギャル本は映画公開に伴い、表紙が石川から有村の写真に変わりました。

わざわざ「ビリから本」に似せたということでしょうか。

理由はよく分かりません。

◆「ビリから本」の監修者はどう思っているのか?


現在の状況について、横幕氏は困惑した様子で話したそうです。

「もちろんです。最初にビリギャルの単行本が出た時は、
まあそういうふうになるのも仕方ないかと思っていたんですが、
文庫の表紙まで似るとなると…。
これが偶然ならどれだけの確率になるのかなとは思います」

「ビリから本」は2人が今から約10年前にネット上に記載した内容を、
約4年かけて再構成したものだそうです。

基本的に塾に通わなくても合格を目指すための具体的方法を
まとめた本だとのこと。

また、今回のパクリ疑惑についてはどう考えているのでしょうか。

「まあ単純に私たちの方が先、というのを皆様に知っていただけたらいいなと。
あと、ビリギャルの映画や本の内容を妄信的に受け入れて
受験を安易に考えてしまう方々は、もう少し客観的に物事を見る目を
持ったほうがいいのかなとは思います。」
と塾の経営者らしい感想を述べていました。

「ただ、やはりビリギャルは面白い本だと思うし、
仮に自分たちが真似られたのだとしたら、
それはある意味で光栄なことなのかもしれませんね」と
冷静で客観的な大人の配慮がみられました。

ちなみに、ビリギャル本モデルの女性は、もともと進学校に通っていて、
学年ビリといっても偏差値の低い高校のビリではないようです。

この点については横幕氏も苦笑いを浮かべて
「私も新宮も学年ビリ近くだったのは確かですが、
新宮は私立の中・高一貫校を中退、私は県立の偏差値70の高校だったんです。
すいません、そこは我々も正直に白状します」とビリギャルと同様に
元々のレベルは高かったことを教えてくれました。


「ビリから本」の監修者も述べているように、ビリギャルは面白い本なので、
目くじら立てずに単純に感動ストーリーを楽しめれば良いのではないでしょうか。

監修者は、さすが苦学した高学歴の塾経営者らしく人間ができていますね。

大人の対応に脱帽です。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。