So-net無料ブログ作成
検索選択

映画『内村さまぁ~ず THE MOVIE エンジェル』初日 内村が三村の発言に一喝! [映画]

m_sanspo-geo1509110025.jpg
http://news.goo.ne.jp/article/sanspo/entertainment/tv/sanspo-geo1509110025.htmlより引用

映画内村さまぁ~ず THE MOVIE エンジェル』の初日舞台
あいさつが11日、都内で行われ、ウッチャンナンチャンの
内村光良、さまぁ~ずの三村マサカズ大竹一樹はじめ、
出演者数名が出席しました。

この映画は、今年でなんとWEB配信10年目になるバラエ
ティー番組の『内村さまぁ~ず』の劇場版。

内容は、劇団兼探偵事務所“エンジェル社”を舞台に、
総勢56人のお笑い芸人が、ここぞとばかりアドリブで
演技しまくるというものです。

主題歌には、PUFFYの「これが私の生きる道」が採用されて
います。

主演の三村は、「見どころは『NGじゃないかな?』って
シーンも生かされてるところ。小島よしおを見つけられたら
スゴイ」とあいさつし、内村は、「見終わった後に、
何も残りません! そんな映画を目指しました」とコメント
しました。

三村のアクションシーンは全て吹き替えだったそうです。

「撮影中に『同じ格好をしてる人が頑張ってるな~』と
思って見てた」と三村は他人事のように感想を述べました。

一方、キスシーンもあった妻役の渡辺に対して三村は、
「『アウトレイジ』で脱いでるって聞いてたから、終わって
から速攻見た。たっちった!」と悪ノリすると、内村は、
「初日だぞ! ナメてんのか! バカ!」と一喝しました。

叱られても三村は、「どうせ、報道陣は国分太一くんの
結婚でいっぱいいっぱいだから」と絶妙の返しで応じました。

舞台挨拶の最後には、大竹の妻でフジテレビアナウンサー
中村仁美が、今月4日に次男を出産したことが話題
なりました。

話を振られた大竹は、渋い顔を浮かべていましたが、
観客から祝福の拍手を受け、
「ありがとうございます。長男が龍臣なので泰雅
(たいが)にしました」と笑顔で報告していました。

その後はお笑い芸人同士の掛け合いとなり、三村が
「内村さんは離婚しそうなんでしょ?」と振れば、
大竹も「もう離婚してるんでしょ? ウッチャンナン
チャンも解散してるんでしょ?」と内村をからかい始めました。

「お前ら怒られるぞ!」と二人を叱った内村は、相方の南原と
「今年まだ会ってないけど、年末会うから」と笑いで
締めくくりました。

単なる舞台挨拶というより、漫才の掛け合いのようでもあり、
最近の話題をネタに盛り上がっていましたね。

これがベテランの仕事でしょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ビリギャル」の真相は?映画で描かれたさやかとモデルの女性の違いは? [映画]

fb.png
http://birigal.jp/より引用

ビリギャル」の映画が話題になっています。

もはや社会現象と言っても良いくらいです。

原作本のタイトルは、
学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話
という長いものです。

「ビリギャル」と略されるのは無理もない事です。


ビリギャルのモデル小林さやかさんはお嬢様高校に通っていた



「ビリギャル」は、小学4年生程度の学力しかなかった少女・さやかが、
坪田の指導を受け、学力偏差値を40上げて慶應義塾大学に現役合格するまでの物語です。

書籍は2013年発行ですが、モデルの女性は今年27歳です。

彼女の実話を元にした映画『ビリギャル』が、大きな話題になっていますね。

しかし、実はこの話、真実と脚色が混ざっています。

この映画『ビリギャル』のモデルとなった「小林さやか」さんは、
実際は本当の意味でのビリではなかったそうです。

まさに衝撃的な事実ですが、映画ですから多少の脚色は仕方ありませんね。

清純派女優から衝撃的な姿に変身した有村架純さんも話題になっています。


ビリギャルの奇跡が沢山の人に希望と感動を与えた



原作を書いたのは、学習塾・坪田塾の塾長で塾講師である坪田信貴先生です。

坪田先生は、心理学を組み合わせた指導法で、塾生たちの偏差値を
短期間で上げることで有名な方だそうです。

その坪田先生が、金髪で勉強の出来ない女子学生の偏差値を1年間で40も上げて
慶応大学に合格させたという奇跡を描いた物語ですね。

誰しも諦めずに努力を続ければ、夢を実現させることが出来ることを
教えてくれる素晴らしい映画です。

ちょっと聞いただけでは俄かに信じ難く、何か裏があるように思ってしまいますよね。

本当にこの物語は、奇跡としか呼べないことを実際にやったからこそ、
『ビリギャルの奇跡』としてスクリーンに映し出される事になったのです。

この映画を見れば、何度も挫折を味わった人も、
もう一度、夢に向って頑張ろうと思えるでしょう。


『ビリギャルの奇跡』はウソ?ホント?



『ビリギャル』の原作でモデルとなった「小林さやか」さんの
大学受験現役合格の奇跡ですが、実は、映画とは異なる部分があります。

原作の中でも書かれていますが、小林さやかさんは、
名古屋のお嬢様学校出身なのです。

名古屋のお嬢様学校といえば、金城学院、愛知淑徳学園、椙山女学園のいずれかで、
どの学校も中学受験をパスし、高校はエスカレーターで進学しています。

この中学受験には偏差値が60くらい必要だそうです。

中学入学してから学力が低下して、大学受験しようとした時に
小学校4年程度の学力だったというはありえますが、
少なくともレベルの低い学校でのビリではなかったのでしょう。

つまり、小林さやかさんは、私立のお嬢様学校でのビリギャルだったという事です。

さらに原作本の表紙に映っている女子高生の写真は、小林さやかさんではなく、
実はファッション誌『JELLY』などで活躍するモデルの石川恋さんです。

事実もあります。

金髪ではなかったという噂もありますが、先日「金スマ」に親子で出演した
小林さやかさんの中学・高校時代の写真を見ると、
金髪だったのは間違いないようです。


全教科ではなく得意科目で狙える学部を選んだ



慶應義塾大学の受験と言っても、得意科目で狙える学部を選んだようです。

「総合政策学部」という学部は、英語と小論文だけで合格できるので、
そこを狙いました。

小論文はセンスがあり得意だったのと、長文1題で辞書持ち込み可の英語で
得点を上げたことで、慶應義塾大学の総合政策学部の受験を突破しました。

ちなみに受験では、滑り止めの明治大学と関西学院大学には見事合格しています。


『ビリギャル』のモデルとなった小林さやかさんとは?



AS20150423000763_commL.jpg
http://www.asahi.com/articles/ASH416288H41OIPE02M.htmlより引用

映画『ビリギャル』のモデルとなった小林さやかさんは、
慶應大学卒業後は、結婚式を演出するウェディングプランナーとして
活躍されています。

さらに小林さやかさんは、今は結婚されているそうです。

ウェディングプランナーとして、新郎新婦の喜ぶような演出を提供して、
多くの結婚式利用者に喜んでもらえているといいます。

小林さやかさんは、完全なるビリギャルではないみたいですが、
ある意味多くのカップル達に「夢を与えている」という意味では、
ビリギャルと同じでしょう!

最近、お母様の「ああちゃん」と共に、
ダメ親と呼ばれても学年ビリの3人の子を信じてどん底家族を再生させた母の話
という本を出されたようです。

こちらは『ビリママ』です。

今話題のビリギャルの家族の真実を描いたノンフィクション小説だそうです。

坪田先生ばかり儲かっては不公平ですからね。

ビッグダディと元妻の出版合戦みたいになって欲しくはないですが、
『ビリギャル』を読んだら次に読みたくなりますね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ディズニーが『ピノキオ』を実写化、次は何? [映画]

ディズニーが『ピノキオ』を実写化するみたいですね。

N0018157_l.jpg
http://www.cinematoday.jp/page/N0018157より引用

シネマトゥデイによりますと、『ムーラン』や『くまのプーさん』の実写化企画が明らかになったばかりの米ディズニーが、今度はイタリア人作家カルロ・コロディの児童文学作品「ピノッキオの冒険」を原作にした
アニメピノキオ』の実写映画化を進めているとDeadlineが報じたそうです。


実写化できるなんて驚きですが、実は過去にも実写化されているそうですよ。

アニメは1940年のディズニーによるアニメーション作品が有名ですが、
2002年にロベルト・ベニーニが監督・主演を務めた『ピノッキオ』など、
世界中でアニメや実写になっているそうです。


あの木でできたあやつり人形のピノキオが、ウソをつくと鼻が伸びるあのピノキオが、
実写になったらどうなるのでしょう。

楽しみですね。


シネマトゥデイの記事では、今回の実写版では、『アバウト・ア・ボーイ』の脚本家ピーター・ヘッジズが脚本を手掛け、ピノキオの生みの親であるゼペットとピノキオの父と子のような関係性に焦点が置かれるようだとの事です。


ディズニーは『アナと雪の女王』の大ヒットの後も、次々と面白い企画を出してきますね。


ディズニーは、自社のアニメ作品の実写版をどんどんやっています。


今月25日には、『シンデレラ』の実写版が日本でも公開されます。

こちらも美しい映像が期待できそうですね。

また、エマ・ワトソン主演の『美女と野獣』や、ティム・バートンが監督する『ダンボ』などの実写作品も企画しているそうです。

ティム・バートンが監督する『ダンボ』なんて早く見てみたいですよ。

面白そうじゃないですか。

これからも立て続けに打ち出されるディズニーの企画から目が離せません。

次は何をやってくれるのでしょうか?

本当に楽しみですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

高畑勲監督、仏芸術文化勲章を授与された [映画]

アニメ映画監督の高畑勲さんが、フランス政府から表彰されたそうです。

芸術文化勲章オフィシエという賞を授与されました。
今日7日の夕方、仏大使公邸で叙勲式が行われたようです。

300x.jpg 1313117179.jpeg
http://eiga.com/person/45172/より引用

高畑さんは仏詩人ジャック・プレベールの詩集「ことばたち」を初めて完訳するなど、
フランス文化の紹介に貢献したとのこと。

授与された高畑さんは「日本文化の面白さを知っていただくと共に、
フランスのアニメ映画や詩歌の日本への紹介にもいささか努力した。
最も親しみを感じている国から勲章を頂いて大きな喜びだ」と語ったそうです。


高畑勲さんといえば、スタジオジブリの名監督ですね。

宮崎駿さんは引退宣言されましたが、高畑勲さんは現役の監督さんです。

宮崎監督と高畑監督は、良きライバル関係にありました。
お互いに刺激しあい、高めあいながら、素晴らしい作品を発表しました。


テレビアニメでは、「アルプスの少女ハイジ」「母をたずねて三千里」などの演出や、
アニメ映画「火垂るの墓」「おもひでぽろぽろ」などを監督しました。

日本だけでなく、フランスでも高い評価を得ているそうですね。

東京大学仏文科を卒業されたそうなので、なるほど、仏文化に造詣が深いわけですね。


高畑勲さんは79歳だそうですよ。お元気ですね。

最近では「かぐや姫の物語」を監督されていて、現役で活躍されています。

まだまだ新しい作品を発表されるでしょうね。

次の作品が楽しみです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。