So-net無料ブログ作成
検索選択
スポーツ ブログトップ
前の10件 | -

【リオオリンピック】水谷隼、張本氏の喝にガッツポーズに理解求める [スポーツ]

mizutani4-271x300.png
http://www.hamtamasand.com/news-39-1496より引用


リオオリンピックの卓球男子団体、準決勝で日本はドイツに3-1で勝利しました。

ロンドン五輪で5位の成績だった日本は、前回銅メダルのドイツに逆転勝ちし、初の決勝進出を決めました。

男子シングルス3位決定戦で勝利を収め、見事に銅メダルを獲得した水谷隼(27)が、団体戦でも大活躍しました。

水谷は2戦2勝と存在感を示し、個人に続いて団体でも日本男子史上初のメダルが確定しました。

17日(日本時間18日)の決勝で、大会2連覇中の強敵中国と対戦します。



歴史的勝利の瞬間、喜びが全身を駆け巡りました。

強烈なフォアハンドでスマッシュを打ち込み、試合を決めたエース水谷は、両拳を握ったまま後ろに倒れ込んでガッツポーズをとりました。

男子団体初のメダルを勝ち取るのに貢献し、「今回の目標は個人と団体のメダルだった。シングルスは自分の夢、団体戦はみんなの夢をかなえたかった」と喜びを爆発させました。




そのガッツポーズに対するコメントが、話題になっています。

野球評論家の張本勲氏がTBS系「サンデーモーニング」において、自身のガッツポーズに
「あれはダメだよ。手は肩から上に上げちゃダメ」と苦言を呈したことについて、「もちろん話題になってるので知ってる」と水谷は答えました。


自身が掲げる「卓球のメジャースポーツ化」に向けての“洗礼”とも言えますが、「(ガッツポーズは)遊びじゃなくて、命を懸けてるので(喜びが自然と出る)。相手も命を懸けて来る。戦場ですからね」と、
卓球界のオピニオンリーダーとして理解を求めました。

この大人の対応に対し、ネットの反応は賞賛する声が多かったようです。


もちろん卓球界においても最低限の礼節は重要視されます。

この日も試合後、健闘をたたえ合う握手は欠かさず行っていました。


シングルスの試合後も、「この試合に負けたら死にたくなる」と言っていた水谷選手。

命を懸けて戦っているという本気度が伝わってきて、好感が持てるエピソードですね。

相手に対する思いやりや礼節も大事ですが、一部の格闘技に見られるような過激な挑発や罵声ではないので、ガッツポーズは喜びの表現としてあっても良いと言えるでしょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

波乱!白鵬&稀勢の里が今場所初黒星 [スポーツ]

20160516-00000103-sph-spo.jpg
http://ヤフコメ.com/comments.html/20160516-00000103-sph-spoより引用

大相撲名古屋場所5日目が、14日に愛知県体育館で行われ、

今場所のここまで無敗の横綱白鵬と大関稀勢の里が相次いで

敗れる波乱がありました。


33連勝中だった連勝が止まり、白鵬はぼう然とする中、

座布団が飛び交いました。




ずっと綱獲りが期待される稀勢の里ですが、こちらも栃煌山に

突き落としで敗れて今場所初黒星を喫しました。


続く取り組で、白鵬が宝富士に小手投げで敗れ、同じく今場所

初黒星となりました。



白鵬の連勝は33でストップしてしまいました。

一方の宝富士は、2個目の金星を得て対照的でした。


その結果、唯一の全勝は、この日嘉風を押し出しで破った

逸ノ城のみとなりました。



横綱日馬富士は妙義龍を寄り切って1敗を守っています。

かど番の大関照ノ富士は、松鳳山に寄り切られて初黒星を喫

しました。

大関琴奨菊は御嶽海を押し出して、ようやく初日を出しました。

大関豪栄道は3勝目を挙げました。

平幕の逸ノ城が5連勝で単独トップに立ち、1敗で11人が

続きました。


5日目に平幕が単独首位に立つのは、2010年九州場所の

翔天狼以来のことです。


波乱の多い名古屋場所で、優勝は誰の手に渡るのか気になり

ますね。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【高校野球】西東京 2016 夏 早稲田実業“怪物”清宮の2年目 [スポーツ]

kiyomiya.jpg
https://geinou-news.jp/articles/H7jmlより引用


早実の清宮は、昨年夏の西東京大会で、注目された

選手です。

持ち前の強さに柔軟性が加わっていました。



第98回全国高校野球選手権・西東京大会2回戦で

のことです。

試合の結果は、早実11―1啓明学園。

(2016年7月10日 ダイワ八王子




清宮が打った本塁打は、真ん中低めのスライダー。

この球に角度をつけるためには、体重移動する時、

一緒にグリップが投手方向に出てはいけません。


しっかりとボールとの距離をとって上手くさばか

ないと、ファウルになる球でした。




昨年は踏み出した右足がバタッと地面につく形で、

緩急やコースに対して、上半身で対応する打ち方でした。



今年は右足を高く上げることはせず、緩急、コースに

対してゆっくり出しながら、ボールを見極めています。

注目される選手だけあって、昨年の内容を修正して

来ています。



間がとれるから、柔軟に対応できます。

テイクバックの際も力みがなく、手首もリラックスして

いています。

打てる球は本塁打した1球しかなかったが、見逃し方も

しっかりして、集中力が切れませんでした。



昨年に続き、清宮は今回の注目度もかなり高いと言えます。




清宮の後の4番を打つ野村は、昨年11月にU15

(15歳以下)の際に,「5番・一塁」でした。


野村は、とにかくスイングがブレません。

体幹の強さが際立っています。


試合前のキャッチボールは清宮と2人で行っていました。


互いが刺激し合えば、1試合ずつどんどん成長していける

はずです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【プロ野球】日本ハム、球団新15連勝で首位に5差 [スポーツ]

20160711-00079439-baseballk-000-1-view.jpg
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160711-00079439-baseballk-baseより引用



日本ハム球団新記録となる15連勝となり、首位・

ソフトバンクに5ゲーム差に迫りました。

7月11日、京セラドーム大阪でのことです。

試合の結果は、オリックス1-4日本ハムでした。




日本ハムの球団記録としては、2007年の14連勝

でしたが、今回、1試合分上回って新記録となりました。


プロ野球記録は1954年に南海(現ソフトバンク)と、

1960年に大毎(現ロッテ)が記録した18連勝との

ことです。



日本ハムは三回、西川の右中間適時二塁打などで2点を

先制しました。


七回には中田の遊撃内野安打に失策もあって1点を追加。

九回には代打・矢野のセンター犠牲フライで突き放しました。



先発の吉川は、5回と1/3を投げて、6安打無失点と

粘りのピッチングで6勝目を挙げました。



六回途中から谷元、バース、宮西とつなぎ、4-0の

九回に登板した鍵谷が1点を失いましたが、2死一、二塁で

登板したマーティンが、安達を右飛に仕留めて試合を締め

ました。



先制打の西川はヒーローインタビューで「(15連勝は)

チーム全員で積み上げてきたものなので、どんどん伸ばし

ていきたい。全員、勝ちに向かって頑張っている。どんな

負け試合でも諦めずにやっているので、連勝が続いたんだ

と思う」と語りました。



一方のオリックスは、連勝が2でストップし、再び借金20

となりました。


来日初先発となったミッシュが2回2/3を2失点で降板。


打線は日本ハムの8安打を上回る11安打を放ちましたが、

得点につながらず、九回に1点を奪っただけでした。





どれだけ記録を伸ばせるのか分かりませんが、この際、

56年ぶりのプロ野球新記録が見てみたいですね。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【2016高校野球】西東京大会“逆一本足打法”の和光・室橋が話題に! [スポーツ]

20160711-OHT1I50147-L.jpg
http://www.hochi.co.jp/baseball/garticle.html?id=20160711-OHT1I50147より引用



2016年の夏がやって来ました。

今年も、高校球児たちによる熱戦が繰り広げられています。

まずは各都道府県大会が開催され、都道府県大会の優勝校が

甲子園をめざします。


“逆一本足打法”


第98回全国高校野球選手権西東京大会において、観衆の

度肝を抜く出来事がありました。


それは、1回戦の和光-狛江戦でのこと。


和光の2番打者、室橋達人捕手(2年)による、衝撃的な

“逆一本足打法”に、球場からどよめきが起きました。


スイッチヒッターの室橋は、左投手相手ながら左打席へ

入りました。


一本足打法といえば、かつての王貞治選手や大リーグ

今も活躍中のイチロー選手が思い浮かびます。


左打席に入ったら、普通は右足を上げるところですが、

室橋は軸足となる左足を高く1、2度上げてタイミングを

とり、スイングしました。


結果は?

室橋の成績は、初回の第1打席でニゴロに倒れ、2回の第2打席。

2アウト走者なしから見事にセンター越え三塁打。

4回の第3打席は四球、6回の第4打席はセンターフライで

3打数1安打でした。


試合は3-5で迎えた8回裏に5失点し、3-10のサヨナラ

コールドで初戦敗退となりました。 

しかしながら、室橋の“逆一本足打法”は、聴衆の目に焼き付いた

ことでしょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

元横綱 朝青龍、突如「日本帰りたい…」とつぶやく [スポーツ]

20160704-00000142-nksports-000-2-view.jpg
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160704-00000142-nksports-entより引用

「日本帰りたい…」

元横綱朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジ氏(35)が、
突如ツイッターで「日本帰りたい…」とつぶやきました。

ファンからは「いつでも待ってますよ!」と歓迎する声が多数
寄せられています。

朝青龍は日本時間7月3日夜にツイッターで「何か悲しい今日…」
「明日が良い日ありますよに…」とツイートし、ファンからは
「ドルジ… 何があったのかな?」「横綱が悲しいなんて、
何かあったのですか???」と心配する声があがっていました。

その後、朝青龍は“第2の故郷”である日本に「帰りたい」
思いをはせたようです。

詳細については何も語られていないため、日本のファンからは
心配の声があがっています。

朝青龍のTwitterには「帰っておいで」「いつでも帰ってきて
ください!」「待ってますよ!」「行きたい、ではなく帰りたい
なのか」「ドルジ大好き」などの声が寄せられています。




ビジネスでは大成功


朝青龍(34)はモンゴルに、ASAグループという一大ビジネス
グループを持っています。

5人兄弟の3兄セルジブデが経営するASAトラベルを中心に、
次兄スミヤバザルが代表のモンゴル投資銀行や人材派遣会社など
傘下の企業は10以上もあるといいます。

本人の年収は2億円近くになるようです。


'10年2月に角界を引退した朝青龍は、モンゴルで実業家として
活動しています。

日本の永住権も取得。日本とモンゴルを行き来し、最近では母国に
海外の食事を紹介することに熱心だそうです。




最近はなぜか「蕎麦」作りに夢中


「昨年3月からは、北海道の『キタワセ』というソバの栽培を
始めています。

首都ウランバートル近郊で生産に成功し、『青龍蕎麦(そば)』
として販売しているようです。

本人も『本場よりうまい』と、満足そう。

今春にはドイツからビール職人を招き、数億円かけ500人ほどが
収容可能なビアガーデンをオープンさせる予定だそうです。




本名も「アサショウリュウ」に変更申請。白鵬より先に大統領!?


だが朝青龍にとってビジネスの成功は、野望達成の手段にすぎません。

周囲には「モンゴルを大改造しトップにのし上がる」といっている
ようです。

ウランバートルは今、地方から人口が流入していてマンションブーム。

朝青龍はそこに目をつけ、傘下の企業に『どんどんマンションを買収
しろ。高層ビルを建てろ』と指示していまるそうです。

'07年1月に1億8000万円で買い取った国営サーカス場を拡大し、将来の
五輪開催ももくろんでいるとのこと。

以前から『(後輩の)白鵬より先にオレが大統領になる』と語っている
ようです。

ウランバートルを自らの手で近代化し、ビッグイベントを開催する
ことで大統領就任の足がかりにしたいのではないかと言われています。

角界でもトップ、モンゴルでもトップを狙っているのでしょうか?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

錦織圭【棄権】ウィンブルドン 2016 -速報- [スポーツ]

d3e15aa869f5a39947abc4866e0a8aaf.jpg
http://matsuuracity.com/?p=2138より引用

錦織圭ウィンブルドン 2016、男子シングルス4回戦に出場し、

M・チリッチ(クロアチア)と対戦したが、1-6, 1-5の時点で

途中棄権した。



錦織は第5シード、一方のチリッチは第9シードで、決して

勝てない相手では無かったが、前哨戦の負傷が響いていた。



日本男子では、1995年の松岡修造以来、21年ぶりのベスト8進出

とはならなかった。



前哨戦のゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ、芝)で負傷した

左脇腹は癒えていなかったようだ。



大会は1回戦から、その痛みと戦いながら2年ぶり2度目の

ベスト16進出を果たしていた。



しかし、この日は序盤から表情が暗く、動きに精細を欠いていた。


錦織はチリッチと戦える状態ではなく、2ゲームを取るのがやっと

であった。



第2セットの第5ゲームを終えた時点でトレーナーを呼んだが、

その後も顔をしかめていて、試合続行が危ぶまれ、結局、

棄権となってしまった。



思わぬ形で5回戦進出を決めたチリッチは、準々決勝で、第3シードの

R・フェデラー(スイス)と世界ランク29位のS・ジョンソンアメリカ

の勝者と対戦する。



錦織が日本のテニス史に記録を残す機会は、またもやお預けとなった。

しかし、来年こそ、期待に答えてくれるだろう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

亀田興毅が引退表明 王者河野公平に0-3で判定負け [スポーツ]

AS20151017000935_commL.jpg
http://www.asahi.com/articles/ASHBK2WB9HBKUTQP002.htmlより引用

プロボクシング WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチが
16日(日本時間17日)に米シカゴで行われました。

この試合に勝てば4階級制覇となる亀田興毅(28)が、王者
河野公平(34)に0-3の判定負けとなり、試合後に引退を
表明しました。

実は、13年11月頃バンタム級チャンピオンの時に、自身の
衰えを感じていたそうです。

傍目には強いチャンピオンに見えても、10年以上戦い続けて
きた選手には自分の限界がわかっていたのでしょう。

次の世界戦をラストマッチにすることを、自分の中では決めて
いたようです。

批判をあびた挑発的な態度や、ルールを無視した言動が
たびたび問題視されました。

日本のボクシング界に、話題を常に提供してきた男が、
アメリカリングを最後に現役を引退することになりました。

これにより日本初の4階級制覇の夢は露と消えました。



試合後、亀田は、
「そら、勝って終わったら一番きれいけど、3階級制覇もした
しすごい満足してる。いいボクシング人生送ったんちゃう」
とむしろすがすがしい様子でした。

17歳でプロになった時から、注目されることを第一に考えて
行動してきたようです。

だから人から好かれる、嫌われるは気にしていないとのことです。

自分の行動や言動がどれだけ悪く言われても、自分のプロと
しての意地でやり通したそうです。

どれだけバッシングを受けても、プラス思考に徹していました。

その結果、誰も成し遂げたことの無い、3兄弟同時世界王者
という記録も残しました。

批判もされましたが、結果も残しています。

そこは十分、評価されて良いところでしょう。



来月で29歳となる亀田は、2児の父でもあります。
「ボクシングは俺の人生の一つ。全てじゃない。家族ある身やし、
ボロボロになってまでやるものでもない」という持論を持っています。

今後に関しては、実業家として生きていきたいと思っているそうです。

ボクシングへの思いも捨てきれないようですが、現実問題として
家族を養う責任もありますからね。

一方で「ずっと応援してくれた人たちにはすごい申し訳ない気持ち
でいっぱいですね」と謝罪の意を表しました。

批判も賞賛もありましたが、亀田興毅はボクシング界を大いに沸かせて
くれたことは確かです。

4階級制覇は叶いませんでしたが、3階級制覇という偉業を成し遂げた
ことは、世の人々の記憶にずっと残っていくでしょう。

今後は家族を守るためと、後進の人たちに経験を伝えるために
力を発揮してほしいですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

清原和博、26年前の“跳び蹴り事件”を元ロッテ平沼氏に謝罪 [スポーツ]

kiyo107.jpg
http://www5.nikkansports.com/baseball/kiyohara/photo/entry/20080921_67994.htmlより引用

プロ野球選手の清原和博(48)が11日、
「行列のできる法律相談所 あの時は本当にごめんなさいSP」
に出演し、26年前に起きた“事件”の相手・元ロッテ投手の
平沼定晴氏(50)に謝罪しました。

「バットを投げて本当にすみませんでした」と。

今回、仕事の都合でVTR出演となった平沼氏は、この一件に
関して初めてテレビに語りました。

1989年9月23日、西武対ロッテ戦(西武球場)において、
2アウト一、二塁で迎えた4回、打者の西武・清原は、ロッテ
投手の平沼氏から左ヒジにデッドボールを受け激怒。

清原がバットを投げつけたところ、バットは平沼の右ひざに
当たり、さらに向かってきた平沼に跳び蹴りの暴行を加え、
清原はプロ入り初の退場処分となりました。

その後、清原は30万円の制裁金と2日間の出場停止処分を
受けることになりました。

平沼氏も怒りが収まらなかったようで、駐車場で清原を待ち伏せ
したそうですが、それに気づいた先輩があわてて止めたといいます。

当てられた瞬間、清原は「野球選手を忘れて、『あ、バットある』
と思った」と当時の感情を振り返りました。

翌日謝罪に行ったそうですが、平沼氏とは分かち合えなかった
そうです。



“事件”後、内角を攻めづらくなってしまったという平沼氏は、
ある時清原が「もっと遠慮せずに内角を攻めて欲しい」と話して
いたことを耳にしました。

平沼氏は「内角来てくださいなんて、なかなか言えない」と、
その言葉が嬉しかったそうです。

その後、現役引退した平沼氏は現在、中日の用具担当として
働いているとのこと。

巨人に移籍した清原が、試合で対戦する前に平沼氏に挨拶に行くと、
いつも「キヨ元気か」と最高の笑顔で答えてくれたとそうです。

清原は、平沼氏の自然な態度に「本当に救われた」と告白。

さらに平沼氏は「これから先、野球界のために力を貸して欲しい。
子供に夢を与えて欲しい」と、かつて球界で大活躍した名バッター
である清原に、今後の活躍を期待する気持ちを表しました。

今回、平沼氏に直接謝罪できなかったのですが、清原は改めて
26年前の騒動について「本当にすみませんでした」と謝罪
していました。

平沼氏の清原に対する自然な係わり方も見習うべきですし、
清原も26年前の事件について素直に謝っているのも立派でした。

お互い敵軍とは言え、同じ野球界で活躍したもの同士なので、
最後は自然に打ち解けられるのでしょう。

すがすがしいですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【ラグビーW杯】日本代表・五郎丸のキック前の「奇妙な儀式」が世界で話題に! [スポーツ]

img_38d313c8dec1163e915b4d0915b02a08289683.jpg
http://number.bunshun.jp/articles/-/822074より引用

ラグビーW杯イングランド大会の1次リーグB組が、
9月19日に行われ、日本代表は優勝回数2回の
南アフリカ代表から勝利をもぎ取りました。

実に、大会24年ぶりの大金星です。

結果は、日本34―32南アフリカという僅差ですが、
後半ロスタイムでの逆転勝利でした。

この試合、大事な場面で活躍したFB五郎丸歩の「黄金の右」
が勝利をもたらしたと言っても過言ではありません。

試合前の君が代で涙を流した五郎丸は、2ゴール5PGに加え、
トライも奪って計24得点をマーク。

03年オーストラリア大会の米国戦で栗原徹が記録したという
21得点を上回る、日本代表の1試合最多得点を更新しました。

この勝利を「必然です。ラグビーに奇跡なんてないです
と五郎丸は言い切ります。

後半28分、左ラインアウトからパスをつないだ
内側に、逆サイドウイングの松島が突進しました。

ゲインラインを突破すると、ラストパスを受けてW杯
初出場初トライを決めました。

決戦1週間前から南アフリカの試合の流れを分析し、
温めていたプレーだったとのこと。

奇跡でなく分析が実った必然でした。

4年間の前準備と、直前まで研究を重ねた結果が
勝利を呼び寄せました。

キックではコンバージョンとPG、計9回中7本を
決めた。

3点リードの前半10分に、右利きの五郎丸には容易と
思えた左中間の浅い角度のPGを失敗しました。


接戦の中でのミスキックでしたが「動揺は全然なかった。
そのあたりも成長した部分」と発言し自信を見せ付けました。

その後は最後のコンバージョン以外、全て成功させました。

1本でも外していれば、2点差勝利はあり得ない状況
だったのです。

早大時代からキッカーとしても有名でしたが、エディー
ジャパンとして活動し始めてから、自信をもってプレイ
しています。

当初、好調不調の波がありました。

しかし、キック前に行うルーティンを文字に起こし、評価
することによって自分のものにしたそうです。

両手を体の前で合わせて、体をかがめる独特のルーティンは、
03年W杯でイングランドを初優勝に導いた名キッカー、
ウィルキンソンに影響を受けたものだといいます。

このポーズはモノマネされることも多いのですが、五郎丸に
とってはなくてはならない成功の鍵だとのこと。

次戦は、9月23日にスコットランドと対戦します。

この調子で、再び日本に勝利をもたらしてほしいものですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - スポーツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。