So-net無料ブログ作成

【リオオリンピック】水谷隼、張本氏の喝にガッツポーズに理解求める [スポーツ]

mizutani4-271x300.png
http://www.hamtamasand.com/news-39-1496より引用


リオオリンピックの卓球男子団体、準決勝で日本はドイツに3-1で勝利しました。

ロンドン五輪で5位の成績だった日本は、前回銅メダルのドイツに逆転勝ちし、初の決勝進出を決めました。

男子シングルス3位決定戦で勝利を収め、見事に銅メダルを獲得した水谷隼(27)が、団体戦でも大活躍しました。

水谷は2戦2勝と存在感を示し、個人に続いて団体でも日本男子史上初のメダルが確定しました。

17日(日本時間18日)の決勝で、大会2連覇中の強敵中国と対戦します。



歴史的勝利の瞬間、喜びが全身を駆け巡りました。

強烈なフォアハンドでスマッシュを打ち込み、試合を決めたエース水谷は、両拳を握ったまま後ろに倒れ込んでガッツポーズをとりました。

男子団体初のメダルを勝ち取るのに貢献し、「今回の目標は個人と団体のメダルだった。シングルスは自分の夢、団体戦はみんなの夢をかなえたかった」と喜びを爆発させました。




そのガッツポーズに対するコメントが、話題になっています。

野球評論家の張本勲氏がTBS系「サンデーモーニング」において、自身のガッツポーズに
「あれはダメだよ。手は肩から上に上げちゃダメ」と苦言を呈したことについて、「もちろん話題になってるので知ってる」と水谷は答えました。


自身が掲げる「卓球のメジャースポーツ化」に向けての“洗礼”とも言えますが、「(ガッツポーズは)遊びじゃなくて、命を懸けてるので(喜びが自然と出る)。相手も命を懸けて来る。戦場ですからね」と、
卓球界のオピニオンリーダーとして理解を求めました。

この大人の対応に対し、ネットの反応は賞賛する声が多かったようです。


もちろん卓球界においても最低限の礼節は重要視されます。

この日も試合後、健闘をたたえ合う握手は欠かさず行っていました。


シングルスの試合後も、「この試合に負けたら死にたくなる」と言っていた水谷選手。

命を懸けて戦っているという本気度が伝わってきて、好感が持てるエピソードですね。

相手に対する思いやりや礼節も大事ですが、一部の格闘技に見られるような過激な挑発や罵声ではないので、ガッツポーズは喜びの表現としてあっても良いと言えるでしょう。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。