So-net無料ブログ作成

永六輔さんの息子や娘ってどんな人?永六輔さん自身の経歴は? [芸能]

85b8d_368_83f577f92a32362512279c965881ac0c.jpg
http://news.livedoor.com/article/image_detail/11749760/?img_id=10695296より引用


永六輔さんがお亡くなりになりました。

作詞家でタレントとしても超有名な方でした。

日本のラジオ・テレビ界において黎明期からずっと活躍されて来ました。

そんな永六輔さんについてまとめてみました。



永六輔さんのプロフィール

■ 本名      永孝雄(えい たかお)

■ 生年月日    1933年4月10日

■ 最終学歴    早稲田大学

■ 職業      作詞家、放送作家、タレント



永六輔さんといえば、坂本九さんの「上を向いて歩こう」を作詞した事で有名です。

永六輔さんが作詞家として本格的に活動されたのは、1959年からのようです。

作詞家デビューした年に作詞した「黒い花びら」という曲で第1回日本レコード大賞に

選ばれ、才能を開花させました。



その後「上を向いて歩こう」はアメリカで「スキヤキ・ソング」とタイトルを変えて大ヒット。

ビルボードでも3週間連続1位を記録するなど、日本の曲で輝かしい記録を作りました。

しかし、1967年あたりから作詞家の活動をやめて、ラジオの活動に軸足を移しました。


永六輔さんは作詞家の他にも、テレビやラジオで活躍されていましたね。

特にラジオや情報バラエティー番組では、歯に絹着せぬコメントがうけて人気がありました。

2010年あたりからパーソン病を発病して公表し、投薬治療を受けていたそうです。




永六輔さんの家族

永六輔さんの家族構成はどのようなものでしたでしょうか?

奥様は昌子さんといい、既にお亡くなりになりました。

永六輔さんには二人の娘さんがいますが、息子さんはいないようです。

二人とも現在は結婚されていて、お子さんもいるそうです。

長女の永千絵さんは、映画エッセイストで現在も活動されています。

次女の永麻里さんは、フジテレビのアナウンサーを経て、現在は

フリーアナウンサーです。

また、孫の育乃介さんは、俳優として活躍されています。





先月ラジオ番組が終了


永六輔さんが出演したTBSのラジオ番組「六輔七転八倒九十分」は6月27日をもって終了しました。

「永六輔の誰かとどこかで」の時代を入れると1967年1月から49年間続いた番組です。

ラジオのリスナーからは復帰を望む声があったそうですが、残念ながら復帰することなく永眠されました。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。