So-net無料ブログ作成
検索選択

【高校野球】西東京 2016 夏 早稲田実業“怪物”清宮の2年目 [スポーツ]

kiyomiya.jpg
https://geinou-news.jp/articles/H7jmlより引用


早実の清宮は、昨年夏の西東京大会で、注目された

選手です。

持ち前の強さに柔軟性が加わっていました。



第98回全国高校野球選手権・西東京大会2回戦で

のことです。

試合の結果は、早実11―1啓明学園。

(2016年7月10日 ダイワ八王子




清宮が打った本塁打は、真ん中低めのスライダー。

この球に角度をつけるためには、体重移動する時、

一緒にグリップが投手方向に出てはいけません。


しっかりとボールとの距離をとって上手くさばか

ないと、ファウルになる球でした。




昨年は踏み出した右足がバタッと地面につく形で、

緩急やコースに対して、上半身で対応する打ち方でした。



今年は右足を高く上げることはせず、緩急、コースに

対してゆっくり出しながら、ボールを見極めています。

注目される選手だけあって、昨年の内容を修正して

来ています。



間がとれるから、柔軟に対応できます。

テイクバックの際も力みがなく、手首もリラックスして

いています。

打てる球は本塁打した1球しかなかったが、見逃し方も

しっかりして、集中力が切れませんでした。



昨年に続き、清宮は今回の注目度もかなり高いと言えます。




清宮の後の4番を打つ野村は、昨年11月にU15

(15歳以下)の際に,「5番・一塁」でした。


野村は、とにかくスイングがブレません。

体幹の強さが際立っています。


試合前のキャッチボールは清宮と2人で行っていました。


互いが刺激し合えば、1試合ずつどんどん成長していける

はずです。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。