So-net無料ブログ作成
検索選択

【2016高校野球】西東京大会“逆一本足打法”の和光・室橋が話題に! [スポーツ]

20160711-OHT1I50147-L.jpg
http://www.hochi.co.jp/baseball/garticle.html?id=20160711-OHT1I50147より引用



2016年の夏がやって来ました。

今年も、高校球児たちによる熱戦が繰り広げられています。

まずは各都道府県大会が開催され、都道府県大会の優勝校が

甲子園をめざします。


“逆一本足打法”


第98回全国高校野球選手権西東京大会において、観衆の

度肝を抜く出来事がありました。


それは、1回戦の和光-狛江戦でのこと。


和光の2番打者、室橋達人捕手(2年)による、衝撃的な

“逆一本足打法”に、球場からどよめきが起きました。


スイッチヒッターの室橋は、左投手相手ながら左打席へ

入りました。


一本足打法といえば、かつての王貞治選手や大リーグ

今も活躍中のイチロー選手が思い浮かびます。


左打席に入ったら、普通は右足を上げるところですが、

室橋は軸足となる左足を高く1、2度上げてタイミングを

とり、スイングしました。


結果は?

室橋の成績は、初回の第1打席でニゴロに倒れ、2回の第2打席。

2アウト走者なしから見事にセンター越え三塁打。

4回の第3打席は四球、6回の第4打席はセンターフライで

3打数1安打でした。


試合は3-5で迎えた8回裏に5失点し、3-10のサヨナラ

コールドで初戦敗退となりました。 

しかしながら、室橋の“逆一本足打法”は、聴衆の目に焼き付いた

ことでしょう。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。