So-net無料ブログ作成

元横綱 朝青龍、突如「日本帰りたい…」とつぶやく [スポーツ]

20160704-00000142-nksports-000-2-view.jpg
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160704-00000142-nksports-entより引用

「日本帰りたい…」

元横綱朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジ氏(35)が、
突如ツイッターで「日本帰りたい…」とつぶやきました。

ファンからは「いつでも待ってますよ!」と歓迎する声が多数
寄せられています。

朝青龍は日本時間7月3日夜にツイッターで「何か悲しい今日…」
「明日が良い日ありますよに…」とツイートし、ファンからは
「ドルジ… 何があったのかな?」「横綱が悲しいなんて、
何かあったのですか???」と心配する声があがっていました。

その後、朝青龍は“第2の故郷”である日本に「帰りたい」
思いをはせたようです。

詳細については何も語られていないため、日本のファンからは
心配の声があがっています。

朝青龍のTwitterには「帰っておいで」「いつでも帰ってきて
ください!」「待ってますよ!」「行きたい、ではなく帰りたい
なのか」「ドルジ大好き」などの声が寄せられています。




ビジネスでは大成功


朝青龍(34)はモンゴルに、ASAグループという一大ビジネス
グループを持っています。

5人兄弟の3兄セルジブデが経営するASAトラベルを中心に、
次兄スミヤバザルが代表のモンゴル投資銀行や人材派遣会社など
傘下の企業は10以上もあるといいます。

本人の年収は2億円近くになるようです。


'10年2月に角界を引退した朝青龍は、モンゴルで実業家として
活動しています。

日本の永住権も取得。日本とモンゴルを行き来し、最近では母国に
海外の食事を紹介することに熱心だそうです。




最近はなぜか「蕎麦」作りに夢中


「昨年3月からは、北海道の『キタワセ』というソバの栽培を
始めています。

首都ウランバートル近郊で生産に成功し、『青龍蕎麦(そば)』
として販売しているようです。

本人も『本場よりうまい』と、満足そう。

今春にはドイツからビール職人を招き、数億円かけ500人ほどが
収容可能なビアガーデンをオープンさせる予定だそうです。




本名も「アサショウリュウ」に変更申請。白鵬より先に大統領!?


だが朝青龍にとってビジネスの成功は、野望達成の手段にすぎません。

周囲には「モンゴルを大改造しトップにのし上がる」といっている
ようです。

ウランバートルは今、地方から人口が流入していてマンションブーム。

朝青龍はそこに目をつけ、傘下の企業に『どんどんマンションを買収
しろ。高層ビルを建てろ』と指示していまるそうです。

'07年1月に1億8000万円で買い取った国営サーカス場を拡大し、将来の
五輪開催ももくろんでいるとのこと。

以前から『(後輩の)白鵬より先にオレが大統領になる』と語っている
ようです。

ウランバートルを自らの手で近代化し、ビッグイベントを開催する
ことで大統領就任の足がかりにしたいのではないかと言われています。

角界でもトップ、モンゴルでもトップを狙っているのでしょうか?


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。