So-net無料ブログ作成

錦織圭【棄権】ウィンブルドン 2016 -速報- [スポーツ]

d3e15aa869f5a39947abc4866e0a8aaf.jpg
http://matsuuracity.com/?p=2138より引用

錦織圭ウィンブルドン 2016、男子シングルス4回戦に出場し、

M・チリッチ(クロアチア)と対戦したが、1-6, 1-5の時点で

途中棄権した。



錦織は第5シード、一方のチリッチは第9シードで、決して

勝てない相手では無かったが、前哨戦の負傷が響いていた。



日本男子では、1995年の松岡修造以来、21年ぶりのベスト8進出

とはならなかった。



前哨戦のゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ、芝)で負傷した

左脇腹は癒えていなかったようだ。



今大会は1回戦から、その痛みと戦いながら2年ぶり2度目の

ベスト16進出を果たしていた。



しかし、この日は序盤から表情が暗く、動きに精細を欠いていた。


錦織はチリッチと戦える状態ではなく、2ゲームを取るのがやっと

であった。



第2セットの第5ゲームを終えた時点でトレーナーを呼んだが、

その後も顔をしかめていて、試合続行が危ぶまれ、結局、

棄権となってしまった。



思わぬ形で5回戦進出を決めたチリッチは、準々決勝で、第3シードの

R・フェデラー(スイス)と世界ランク29位のS・ジョンソン(アメリカ)

の勝者と対戦する。



錦織が日本のテニス史に記録を残す機会は、またもやお預けとなった。

しかし、来年こそ、期待に答えてくれるだろう。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。