So-net無料ブログ作成
検索選択

【疑惑】ミスチル「抱きしめたい」がパクられた? 平浩二、ショック!CD出荷停止&自主回収 [芸能]

taira_koji.jpg
http://www.singerpro.me/region/nagasaki/taira_koji.htmlより引用


今年5月に発売された、歌手・平浩二(66)の曲「ぬくもり」が、
Mr.Childrenのヒット曲「抱きしめたい」の歌詞に似て
いてパクリではないかと指摘されていますね。

この問題により、CDの出荷停止、自主回収に発展していますが、
この曲を歌っている平がひどくショックを受けているとのこと。



平のマネジャー(69)によると、今回のパクリ疑惑問題を受けて
10日夜のディナーショー後に、CDの出荷停止、自主回収の
可能性を告げると、平は言葉を失い、イスに座り込んだそうです。


この曲はシングル「愛・佐世保」に収録されていて、「愛・佐世保」
という曲は平が作詞・作曲に初挑戦した気合の入った曲でした。

マネジャーは「必死にやっていたものですから。大ショック
ですよ…」と平のショックの理由を説明しました。

問題を起こしてしまった事実は認めつつも、「Mr.Children
さんは知っていたが、平も私も『抱きしめたい』という曲自体は
知らなかった」とのことでした。



12月6日に、平の出身地であることから「佐世保観光名誉大使」を
委嘱されたばかりだそうです。

しかし、「愛・佐世保」とは別の曲の問題であるので、大使の委嘱を
辞退する考えはないとのことです。


「ぬくもり」を作詞した沢久美氏は「ご迷惑をおかけして申し訳ない。
曲は知らなかった」と話したそうです。

知らなかったにしては、あまりにも似ていて疑惑は晴れませんね。



12月14日には、双方の所属レコード会社が話し合いの場を持つ
ようです。

発売元の徳間ジャパンは自主回収を始めました。

一方の、ミスチル側であるトイズファクトリーは「弁護士にも相談
の上、対応を検討しておりますので、こちらでお答えすることは
できません」とコメントしています。

所属レコード会社同士の話し合いにより結論が出た時点で、平から
何らかの発表があるそうです。

歌手自身の問題ではないので、無念でしょうね。



◆歌詞の共通点

「抱きしめたい」と「ぬくもり」の歌詞は「出会った日と同じように」
と始まり、途中にある「目を閉じれば 浮かんでくる あの日のまま
の二人」など多くの部分が一致し、かつ、順番も同じようだとのこと。

ミスチルの「霧雨けむる 静かな夜」という箇所が、「ぬくもり」では
「霧雨の降る かがやく夜」となっているなど類似表現が多いようです。



◆平浩二のプロフィール

1949年1月23日、長崎県佐世保市生まれ。
佐世保工業高校卒業後、大阪で就職。
その後、歌手になる夢を追い、上京。
70年にテイチクレコードから「博多ブルース」でデビュー。

5作目の「バスストップ」(72年)がヒット。
「女の指」(78年)は資生堂ハンドクリームCMソングに起用。

2000年、芸能生活30周年を記念し、初舞台「恋ひとひら」に出演。
特技の柔道は初段(黒帯)。
趣味はゴルフ、映画観賞。
弟は「おかあさんといっしょ」の3代目うたのおにいさんで歌手の
たいらいさお(62)。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。